<前の日記(2008年11月01日) 次の日記(2008年11月06日)> 最新 編集

高木浩光@自宅の日記

目次 はじめに 連絡先:blog@takagi-hiromitsu.jp
訪問者数 本日: 3170   昨日: 3315

2008年11月02日

ストリートビュー採用の不動産屋に塀の中が見える件について訊いた

このところ新聞各紙やNHKでストリートビューの実態を周知する報道が相次いでいる。この段階では両論併記の形となるわけだが、ストリートビューが何のために使われるのかについては、たいてい不動産屋の活用例が出てくる。不動産屋の活用とは、売り出し中の物件とその周辺環境をストリートビューで見られるようにするというものだ。

具体的にはたとえば次のサイトがある。

このサイトは、利用者に対し、ストリートビューがどういうものなのかについて「通りに立った目の高さで移動しながら周辺の景色を見ることができます」と説明している(図1)。

画面キャプチャ 画面キャプチャ
図1: 不動産屋によるストリートビューとは何かについての説明

そこで、次のように質問してみた。

この物件の塀の低さについてお尋ねします。

画面のストリートビューを拝見すると、塀の中が見えてしまっているようです。ストリートビューを南西に1ステップ進めて正面から物件を表示させてみますと、やはり塀の中が見えてしまうようです。

この物件の塀はこれほどまでに低いものなのでしょうか?

その下に書かれている「Googleストリートビューの使い方」によれば、「通りに立った目の高さで移動しながら周辺の景色を見ることができます」とのことですから、やはり目の高さから塀の中が見えてしまうのでしょうか。

画面キャプチャ
図2: 物件を正面からストリートビューで表示させた様子

すると次の回答がきた。

高木 浩光 様

物件No:k023(略)

塀の高さは一般的な高さですよ。ストリートビューは車の屋根に広角レンズのカメラを付けて撮影しているので、低く見えるのではないでしょうか?

しかし塀の高さは一般的ではあるものの高い訳ではありませんので、外から見られるような状況はあるとは思います。完全なる目隠しの塀ではありません。(以下略)

そこで再び次のように質問した。

ご回答ありがとうございます。

広角レンズだからといって塀の上で光が曲がるわけではないでしょうから、塀が低いのか、そうでないなら、高いところから見ているのではないでしょうか。

そちらのサイトに書かれている「通りに立った目の高さで移動しながら周辺の景色を見ることができます」という説明は間違っているのではありませんか?

そうしたところ、

高木 様へ

ファインドホームと申します。お世話になります。

弊社のホームページ上で不適切な表現がありました事を深くお詫び申し上げます。

という返事だった。

とりあえず、「通りに立った目の高さで周辺の景色を見ることができます」という嘘はやめたほうがよいのではないか。売り出し中の物件(人の住んでいない)ならまだしも、「移動しながら周辺の景色を見る」ということでご近所を見て廻ったときに、現住建造物についても塀の上から見えてしまうというのは不動産屋としてどうなのか。

画面キャプチャ
図3: 「移動しながら周辺の景色を見る」でご近所を徘徊した例

なお、不動産屋にまで「通りに立った目の高さで」という嘘が広がっているのは、グーグル株式会社がそのような虚偽の説明をしてきたからだろう。不動産屋に悪意があるわけではないと思いたい。

関連:

本日のTrackBacks(全100件) [TrackBack URL: http://takagi-hiromitsu.jp/diary/tb.rb/20081102]

グーグルマップ「公開」に注意 意図せず個人情報掲載 asahi.com グーグル

検索

<前の日記(2008年11月01日) 次の日記(2008年11月06日)> 最新 編集

最近のタイトル

2018年06月17日

2018年06月10日

2018年05月19日

2018年05月04日

2018年03月07日

2017年12月29日

2017年10月29日

2017年10月22日

2017年07月22日

2017年06月04日

2017年05月13日

2017年05月05日

2017年04月08日

2017年03月10日

2017年03月05日

2017年02月18日

2017年01月08日

2017年01月04日

2016年12月30日

2016年12月04日

2016年11月29日

2016年11月23日

2016年11月05日

2016年10月25日

2016年10月10日

2016年08月23日

2016年07月23日

2016年07月16日

2016年07月02日

2016年06月12日

2016年06月03日

2016年04月23日

2016年04月06日

2016年03月27日

2016年03月14日

2016年03月06日

2016年02月24日

2016年02月20日

2016年02月11日

2016年02月05日

2016年01月31日

2015年12月12日

2015年12月06日

2015年11月23日

2015年11月21日

2015年11月07日

2015年10月20日

2015年07月02日

2015年06月14日

2015年03月15日

2015年03月10日

2015年03月08日

2015年01月05日

2014年12月27日

2014年11月12日

2014年09月07日

2014年07月18日

2014年04月23日

2014年04月22日

2000|01|
2003|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|02|03|04|05|06|07|08|09|
2013|01|02|03|04|05|06|07|
2014|01|04|07|09|11|12|
2015|01|03|06|07|10|11|12|
2016|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|10|12|
2018|03|05|06|
<前の日記(2008年11月01日) 次の日記(2008年11月06日)> 最新 編集