<前の日記(2007年06月06日) 次の日記(2007年06月12日)> 最新 編集

高木浩光@自宅の日記

目次 はじめに 連絡先:blog@takagi-hiromitsu.jp
訪問者数 本日: 468   昨日: 3852

2007年06月08日

愛媛県警の報告書曰く「Winnyは音楽や映像などの情報を自由に共有できるソフト」

サイバー犯罪に関する白浜シンポジウムで白浜に滞在中。今日の午後一番目のご講演に対してさせていただいた質問に補足すると、「愛媛県警の報告書が『Winnyの利用は自由』としていた」というのは以下のこと。

これについて、2月下旬に以下の問い合わせを送っていた。

調査結果報告書 警察職員の「ウィニー」利用による警察情報流出事案について
http://www.police.pref.ehime.jp/soumu/ryusyutu_chousa.pdf
を拝見しました。内容に疑問点がありますので質問させてください。

報告書の終わりのところに「用語等の凡例」という部分があります。ここに、Winnyの説明として以下のように書かれています。

ウィニー: 使用者同士がインターネットを通じて音楽や映像などの情報を自由に共有できるファイル共有ソフトの一種で、通信の暗号化と高い匿名性を備えている。

質問:
Winnyで音楽や映像などを共有することは自由ですか?

以上、お尋ねします。

しばらくの後に担当部署から電話でご回答を頂き、大変丁寧な説明を受けたのだが、この質問をしたのは、この報告書にはWinnyによるダウンロード行為(同時にそのファイルは公衆送信可能化される)の違法性について何ら記述がなく、むしろ次のように、正当な利用であったかのように読者を誤解させ得るような書き方になっており、もしかして本当に違法性を知らないのではないか? と疑問に思ったからだった。

(2) インターネット、「ウィニー」の使用状況

A警部は、平成11年ころからインターネットの利用を開始していたところ、平成15年夏ころ、情報の検索に便利なファイル共有ソフトとして「ウィニー」を知り、自宅の個人所有パソコンに導入し、本件事案が発覚するまで、映画・音楽等を収集するために使用していた。

県警においては、平成16年4月以降、内部規程により、職場で使用するパソコンのみならず、公務に使用しない個人所有パソコンにおいても、「ウィニー」等ファイル共有ソフトの使用を控えるとともに、使用している場合には、これを削除することなどを指示し、すべての県警職員を対象にその徹底を図ってきたところであるが、A警部は、自宅の個人所有パソコンについては、普段公務に使用しておらず、職場で作成・収集したファイルも保存されていないため、「ウィニー」を利用しても構わないと誤って認識していたことから、上述の指示の後も自宅での同ソフトの使用を継続していた。

調査結果報告書 警察職員の「ウィニー」利用による警察情報流出事案について, 愛媛県警察本部, 2006年6月16日

この報告書の文から、愛媛県警の内部規定では、Winnyの利用は禁止ではなく「使用を控える」という程度のものであったことがわかる。禁止とまで言えないのは自宅での使用まで内規で禁止できるかということがあるのだろう。というのも、使用を控えるべきとする理由が、あくまで情報漏洩を起こさないためとされていたからだ。もし、「公衆送信すると違法になるファイルをダウンロードする行為には違法性がある」という理由で指示していたならば、この警部は、「職場で作成・収集したファイルを保存していないためWinnyを利用しても構わない」などという認識には至らなかったはずだろう。なぜなら、警察官は一般市民以上に法遵守の精神があるはずだからだ。

2月の質問に対する愛媛県警の担当者からの説明は、「Winny自体が違法かどうかはっきりしていないし、使い方しだいだと思う」というような内容だったように記憶している。(メモをとらなかったので、確かな表現はもう思い出せないため、あまり書くことができない。)

そこで私は、2月25日の日記「Winny問題解決への糸口が今、山梨県警の手に託されている」で書いたことを意見として説明した。すなわち、以下の点を伝えた。

  • Winnyは、ダウンロードしたファイルは同時にアップロードする状態になる仕組みになっている。
  • そのため、公衆送信可能化すると違法になるようなファイルを、そうと知りながらダウンロードする行為は、違法性を問われる可能性がある。
  • すべての人がその事を知るべきところだが、特に警察職員は、何が違法行為であるのかを知っていなければならないのでは?
  • 仮に、裁判例がないなどの理由でその違法性について警察が見解を述べることが難しいとしても、内部規定で職員向けに注意する際の文書であれば、違法性を問われ得ることを理由として明示することは可能では?
  • また、そのような内部規定で職員の規律を正していることを県民に向けて公表することもできるのでは?

ひとつひとつ説明したところ、本当に理解していただけたようだった。

報告書を修正することは難しいかもしれないが、内部規定はどうなっただろうか。その後どうなったかは知らない。

本日のTrackBacks(全100件) [TrackBack URL: http://takagi-hiromitsu.jp/diary/tb.rb/20070608]

前から思ってたけど、なんなんだろう、この人の尋常ならざるWinny*1への憎しみは。ときおり根拠らしく述べる内容は、どう見ても「nyは絶対悪」の結論ありきの後付的な臭いがする物ばかり。 単なるアスペ性の粘着(によるバランス欠如)なのか。単なる成人型中二病なのか。

まず自分の守備範囲の中で正しいことを主張し続けることこそが大事であって、重要なのはその意見が正しいか間違っているかでしかない。その人間が本気で社会のためを考えているかというのは2の次でしかない。

検索

<前の日記(2007年06月06日) 次の日記(2007年06月12日)> 最新 編集

最近のタイトル

2018年06月17日

2018年06月10日

2018年05月19日

2018年05月04日

2018年03月07日

2017年12月29日

2017年10月29日

2017年10月22日

2017年07月22日

2017年06月04日

2017年05月13日

2017年05月05日

2017年04月08日

2017年03月10日

2017年03月05日

2017年02月18日

2017年01月08日

2017年01月04日

2016年12月30日

2016年12月04日

2016年11月29日

2016年11月23日

2016年11月05日

2016年10月25日

2016年10月10日

2016年08月23日

2016年07月23日

2016年07月16日

2016年07月02日

2016年06月12日

2016年06月03日

2016年04月23日

2016年04月06日

2016年03月27日

2016年03月14日

2016年03月06日

2016年02月24日

2016年02月20日

2016年02月11日

2016年02月05日

2016年01月31日

2015年12月12日

2015年12月06日

2015年11月23日

2015年11月21日

2015年11月07日

2015年10月20日

2015年07月02日

2015年06月14日

2015年03月15日

2015年03月10日

2015年03月08日

2015年01月05日

2014年12月27日

2014年11月12日

2014年09月07日

2014年07月18日

2014年04月23日

2014年04月22日

2000|01|
2003|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|02|03|04|05|06|07|08|09|
2013|01|02|03|04|05|06|07|
2014|01|04|07|09|11|12|
2015|01|03|06|07|10|11|12|
2016|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|10|12|
2018|03|05|06|
<前の日記(2007年06月06日) 次の日記(2007年06月12日)> 最新 編集